実際にサントリーニ島でウェディングフォトを撮ってみて気付いた【反省点&注意点】

昨年10月にサントリーニ島を訪れた際
念願のドレスで叶ったウェディングフォト♡

実際に経験してみて「こうしておけば良かった!」と思った
3点をご紹介していきます!

▽Santoriniウェディングフォトシリーズ


最後まで迷いに迷ったサントリーニ島での後撮りをやってよかった!と思った理由

やって良かった!1年越しのハネームーンで叶った 【サントリーニ島での後撮りツアー】詳細

サントリーニ島での撮影はとにかく歩きます。歩きやすい靴はマスト!

サントリーニ島は階段や石畳がおおく歩きにくいのでフラットシューズはマストです!男性も歩きなれた靴にするのがオススメ。

階段や石畳以外にも高いところに登ったりする場面が多いサントリーニでの撮影。この写真も結構高いところによじ登って撮っているので少し心の準備があるとその場で動きやすいと思います。

最初は怖かったですが、感覚が麻痺してきて 最後の方は楽しくなってました(笑)

意外と時間が掛かることも!?写真の納期は事前に要確認!

あくまでも私たちの場合ですが
10月に撮った写真が納品されたのは1月でした。

もしお急ぎの方は契約時点で相談しておくことをオススメします。
※フォトグラファーや撮影の時期にもよると思います。

今回は後撮りでしたので特に急ぎではありませんでしたが
今まで挙式、披露宴共に日本人の方にお願いしていたので
勝手に今回も1ヶ月ほどで納品されるものだと思ってましたw

少し待ちましたが、納品された写真は想像以上の出来で大満足!

目つぶり注意!サントリーニはとにかく太陽が眩しい

これはかなり後悔したことですが、なんだか眩しそうな険しい顔が多いw
もちろん、ちゃんと撮れているものも沢山ありましたが。。

眩しくてもシャッターを切る瞬間にしっかり目を開けることをオススメします。
とはいえ、難しいですよね。。

特に男性は写真瞬間に頑張って目を開けよう!
と思える意識の高い方は少ないと思いますので、予め伝えておくのが良いかもしれません。

いっそのこと眩しい場所では目線外してしまうのが良いかも。
フォトグラファーさんと要相談です!

ひとまず思いつく反省点3つをご紹介しました!
また思い出したことがあれば追記していきますね 🙂

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です